華味鳥TOPTOP会社概要事業案内お食事処
   

   
生鮮食品は鮮度が命です。鮮度の測定にはハッキリとした数値の基準はありませんが、外見の劣化と栄養価の低下は正比例し、同時に味覚も落ちます。
当社では可能な限り新鮮な商品をお届けできるよう、当配送センター内の衛生管理はもちろん、徹底した温度管理ができるように設計されています。
●カット室 ●チルド室 ●冷蔵庫 ●事務室
清潔で明るい冷蔵パネル張りの室内は常に18度に設定され、顧客のニーズに合わせた切り分け加工がなされ、瞬時に包装後、冷蔵庫へと搬入されます。 完全ドライのチルド室では主に牛、豚肉を貯蔵し常に事務所から温度管理が可能になっています。 前室を備えた冷凍庫内では、常にマイナス25度を保ち、移動ラックで先入れ先出しを容易にできるよう設計されています。 配送センター機能の司令塔となるよう、冷凍庫・冷蔵庫の温度管理や各部屋のカメラによる遠隔管理が可能です。